運を良くする方法

目安時間:約 3分

松下幸之助さんが、社員を採用する時の質問に

「あなたは今まで人生、運が良かった方だと思いますか?」
という質問があったそうです。

「運が良かった方だ」
と答えた人間しか採用しなかったことがあり
結果としても、その採用された社員たちは
多くのプロジェクトで成功を収め、会社に利益をもたらしたそうです。

この質問の真意は
その人がもの事をどうとらえる人物か、
という事を知る為のものでした。

これまでの人生が付いていた、と思える人は
自分の力だけではない
周りの人への感謝の気持ちが
その人の深層心理にあると考えたのです。

さらに、運が良かった方だと考えられること自体
出来事をプラス的に解釈する癖のある人であり
困難な仕事も前向きに、気持ちをオープンにして
取り組めるのではないかと考えたそうです。

運というのは、偶然ではありません。
運をよくする3つの方法があります。

1.意識の偏りを無くす

運が悪いと思っている人の傾向として
良い出来事を受け流し、悪い出来事には些細なことまで
反応するという傾向が見られます。

悪い出来事は、単なる偶然と捉え
良い出来事、日常の当たり前に感謝する習慣が必要です。

2.ネガティブ思考を辞める
日常の全ての出来事に良いも悪いもありません。
出来事があったという事実だけが存在します。

良い意味付けをするか、悪い意味付けをするか
自分自身が決めるのです。
肯定的な意味付けができるように癖付けていく
事が必要です。

3.思い込みによる引き寄せる

意識的に自分の脳みそをコントロールする
・寝る前に自分は運が良いといいきかせる
・「ありがとう」を意識する

運のいい人と長い時間を一緒に過ごし、行動する

運の良さ<努力

潜在意識の中で
運が良いと感じていれば
運が良い方向に進んでいくのが
世の中の真理なのです。

潜在意識が人生に与える
影響は非常に大きなものがあります。

潜在意識を意識的に変える

言い換えれば
セルフイメージを意識的に変える
私たちはそのことを
意識していかなければなりません。

ページの先頭へ