良いセルフイメージを築く方法

目安時間:約 4分

良いセルフイメージを築く方法

セルフイメージというのは、「自分自身に対する思い込み」

であることを述べました。

 

この「セルフイメージ」により「行動(習慣)」が決まります。

 

「セルフイメージ」と「習慣」は両輪のようなもので、

全く一致しているものなのです。

故に、「習慣を変える」イコール「セルフイメージを変える」ことになります。

 

そこで、良いセルフイメージを築く為に、身につけるべき習慣があります。

代表的なものを2つあげてみます。

 

1.「過去の間違いを許し、忘れる」

 

ほとんどの人は、過去の間違いや失敗をいつまでも引きずって生きていきます。

 

そして、それを頭の中で何度も繰り返し、落ち込み、

あるいは後悔し、自分を責めたりします。

実はこの事が、知らぬ間に、自分の脳に、

罪悪感や後悔といったゴールを与えてしまいます。

 

将来的にまた同じような失敗をする、イメージができてしまい、

その通りになっていきます。

 

過去の失敗を

「何であんなことをやってしまったのだろう」

「あの時の選択は失敗だった」

といつまでも考えることは、もう止めるべきです。

 

人間は誰だって間違いを起こします。

間違えたってその後修正していけば良いんです。

完璧な人間は一人もいないし、間違えても尚一生懸命

生きている人のほうが好感が持たれます。

 

間違えた自分を許し、そのような事を忘れる事は、

非常に重要なことです。

 

 

2.「小さな成功体験を積み重ねる」

 

「失敗は成功のもと」とよく言われますが、

「成功は成功のもと」と考えます。

 

セルフイメージの低い人が、頭の中で何度も何度も

失敗のイメージを増幅させていることは既に述べました。

 

逆に、「成功の感覚」を何度も何度も味わうことができれば、

セルフイメージを高めていくことができます。

 

子供のころに、親が小さな成功であったとしても、

大げさに褒めてあげていると、

子供の脳には成功体験が蓄積され、大人になっても、

成功することが当たり前、と考えるセルフイメージが高い大人になります。

 

これと同じように、目標を立てるときは、

できるだけ現実的で、小さな目標を立てます。

大きすぎる目標は、途中過程で区切って、小さな目標にします。

 

そしてその目標を達成した時には、

「ヨシッ!」「ヤッター!」と自分自身を褒めて下さい。

 

こうした成功体験を重ねることにより、

成功するセルフイメージが築かれていきます。

セルフイメージは思い通りに変えられる

目安時間:約 1分

セルフイメージは思い通りに変えられる

 

ここがポイントです!

 

セルフイメージは思い通りに変えることができます!

 

実は今この時も、変わり続けています。

 

 

子供の頃にできあがって固定化されているわけではなく、

毎日の習慣、経験、付き会う人の影響で変わり続けています。

 

あなたが今自分自身に抱いているセルフイメージは、

自然に出来上がったものです。

 

自分のセルフイメージを意識することにより、

新しく作り変えることができます。

 

毎日無意識に行っている習慣・行動も、意識せずには

変わることはありませんが、変えようと思えば変えることができます。

 

セルフイメージもこれと同じで、意識して、

習慣を変えることにより、変えることができます。

セルフイメージにより、成功と失敗が決定する

目安時間:約 2分

セルフイメージにより、成功と失敗が決定する

 

セルフイメージから行動が生まれ、そこから、結果や経験が生まれる。

そしてその結果や経験からさらにセルフイメージを強化している。

 

普段私たちはこのような「セルフイメージ」を意識せずに生活しています。

 

私たちの人生・運命を握っている「セルフイメージ」を

全く意識せずに生活しているのです。

 

 

もしあなたが良いセルフイメージを多く持って生きてきたならば、

あなたの現在はとても良いものかもしれません。

 

逆に悪いセルフイメージを多く抱えて生きてきたならば、

あなたの現在はとても良くないものになっているはずです。

 

そしてこの先も、どんなに一生懸命頑張ったとしても、

悪いセルフイメージを抱えたままでは、

成功することできないし、幸せになることはできません。

 

どんなに頑張っても成功できない人と、

それほど頑張らなくても成功している人の大きな違いは、

セルフイメージにあるのです。

セルフイメージはどのように作られるか?

目安時間:約 2分

セルフイメージはどのように作られるか?

 

セルフイメージは、あなたの人生・運命を握るとても大事なものですが、

いつ作られたものなのでしょうか?

 

それは多くの場合、特に子供の頃に、親や先生、周りの人々から

受けた言葉や、自分の経験、失敗や成功などから、

無意識のうちに、知らず知らずのうちに作られたものです。

 

一度「自分はこういう人間だ」と言う考えが

セルフイメージとして自分の中に定着すると、

人はそれを真実だと思って、その真実に従って行動するようになるのです。

 

 

注意すべきことは、自分は現在がこういう人間だから、

こういうセルフイメージを持っていると言うことではありません。

 

こういうセルフイメージを持っているから、

現在こういう人間になっているのです。

 

セルフイメージが先です。

 

例えば、普段から見知らぬ人ともすぐに仲良くなれるから、

「自分は社交的な人間だ」というセルフイメージができる

のではありません。

 

「自分は社交的な人間だ」というセルフイメージがあるから、

見知らぬ人とも社交的にすぐに仲良くなれるのです。

 

行動からセルフイメージが形成されるのではなく、

セルフイメージから行動が生まれるのです。

 

そしてその行動や経験によりセルフイメージを強化していきます。

セルフイメージとは何のことでしょうか?

目安時間:約 1分

セルフイメージとは何のことでしょうか?

 

セルフイメージとは、あなたが自分のことを

どういうふう思っているかをあらわすものです。

 

・自分は社交的な人間である

・自分は臆病な人間である

・自分は仕事ができる人間である

・・・・・・等

 

この「自分自身に対する思い込み」を「セルフイメージ」と呼びます。

そしてあなたの未来は、あなたの抱いているセルフイメージの通りになっていきます。

 

その通りになるようにあなた自身が、無意識のうちに行動します。

 

だからあなたは、セルフイメージ以上の人間にはなれませんし、

セルフイメージ以下の人間にもなれません。

 

セルフイメージは、あなたの人生・運命を握る
とても大事なものなのです。

ページの先頭へ