ブレイクスルーの起こし方

目安時間:約 3分

ブレイクスルーとは何か?
①行き詰まりの状態を打開すること。
②飛躍的に進歩すること。
③難関や障害を突破すること。

 

収入を増やすためにはどうしたらいいのか?
この問いに関する自分の結論は
「自分には特別な資格もないし、優れた能力もない」
「年収が人並以下なのは当然の結果」
「少し努力して、人並より少し上の能力をつけよう」
そう考えました。

 

「努力すれば人は報われる」
これは小さい時から、親や学校から、教わってきたことだったと思います。

そう思いながら、何年も自分なりに努力していました。

努力・根性が成功への道だと信じていました。

 

でも結果はほとんど変わりませんでした。
年に1度のわずかな昇給のみでした。

 

そんなある時、一人の成功者の言葉に衝撃を受けました。

 

成功する為にあなたがしなければいけない一番重要な事は
ビジネスの勉強・実践を繰り返すことではない。

 

ビジネスで成功している人達の輪に入ることだ。

成功している人達と出会う事、仲間になる事の努力に時間を費やすべきだと。

 

「正しい情報が入ってくる状態」
「努力が評価される状態」
「やらざるをえない状態」

 

上の3つの状態を作ることに努力をするべきだと。

 

何も高額塾に入りなさいというわけではなく、
無料のSNSでも良い、とにかく成功者たちの輪に自分を置くことが重要だと。

 

普通の人は、自分一人で努力してもわずかな結果しか得られない。
想像以上の結果を得たければ、成功者の輪に入り、自然と他人からモチベーションをあげられるような環境に身を置く事が必要。

 

朱に交われば赤くなる

自分の理想を実現している人を探し、付き合いを持つ。

これが、ブレイクスルーを起こす方法である。

 

 

アファメーションとは・・・俺は最高だ!

目安時間:約 2分

無意識に自分に語りかける言葉に気を付けなければならない

ついてないなぁ・・・
どうせ無駄だ・・・

等と、否定的な言葉を口にしたり
思ったりすることが多いの人は
その通りの結果になってしまう

言葉には大いなる力が宿っている
思いには大いなる可能性が宿っている

人生が上手く行っていないのなら
思考を変える必要がある
言葉を変える必要がある

アファメーションとは・・・
肯定的な自己宣言

肯定的な言葉を自分に語りかけよう

俺は最高だ!

毎朝、毎晩、食事の時も
俺は最高だ!
そう自分に言い続けよう

元ボクシングヘビー級チャンピオン
モハメドアリの口ぐせは

俺は最高だ!

チャンピオンになる前
まだ弱くて、試合に負けて
ボコボコに打たれた時も
彼は自分を弱いとは認めなかった

俺は最高だ!

アリはそう言い続けた
そして彼は本当に世界チャンピオンになった

もしあなたが今は
全然稼げていなかったり
異性からモテなかったり
仕事がうまくできなかったり
人から認められなかったり

失敗だらけの毎日だったとしても

俺は思考だ!
必ず成功できる!

そう言い続けよう

そうすれば必ず成功できる
諦めなければ必ず成功できる

俺は最高だ!

夢が叶う人生と夢が叶わない人生

目安時間:約 1分

夢が叶う人生と
夢が叶わない人生

幸せな人生と
不幸な人生

どっちがいいですか?

「そりゃー、
夢が叶って、幸せな人生が
イイに決まってるでしょうー。
でも、なかなかうまくいかない・・・」

と、ぼやいてるあなた!

“人間の幸運は
後天的に引き寄せられること”を
今すぐ確認してください!

 

億万長者専門学校1Dayスクール

タグ:

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

赤ちゃんの夜泣きの原因は?

目安時間:約 2分

赤ちゃんの夜泣きの原因は?

赤ちゃんの夜泣きには、
両親のある行動が原因になっている、
ってこと、聞いたことありますか?

それと赤ちゃんの夜泣きって、
日本だけに限ったこと、らしいです。
「そんな適当なこと、言わないで下さい。
赤ちゃんが夜泣きをする理由なんて、
ひとつに限ったわけないですよ」

そんな声が聞こえてきそうです。

・・・

それも間違いではありません。

・・・

赤ちゃんの夜泣きの原因は、
泣いた時に両親がすぐに駆け寄り
赤ちゃんに構ってしまうことらしいです。

泣いたら親が来てくれる
と、赤ちゃんは学習してしまうのです。

・・・

赤ちゃんが泣いても、
あえてすぐには駈け寄らず
少し様子を見守る

これは欧米では常識になっているそうです。

・・・

知っているか?
知らないか?

ただそれだけで人生の
豊かさが変わってしまうことが
たくさんあります。

常にアンテナを張って
賢く幸せになりましょう。

タグ:

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

ページの先頭へ