周りを思い通りに動かす技術(セミナーメモ)

目安時間:約 2分

フェロモン
臨場感空間を支配したものが勝つ

 

変性意識下でラポールが起きる
・臨場感空間を共有する人たちの間で生まれる独自の親近感

 

怖がらせること自体が物理的現実世界の臨場感から切り離す技術
(ストックホルム症候群)

 

心の防衛本能が働き物理的現実世界の臨場感が下がる・・・強烈なトランス状態
トランス下にはラポールが発生
成功している占い師は、脅しや

 

内部表現
あなたが見ている世界そのもの
フランス人に風鈴は見えない

 

あなとの脳と心が認識しているこの世界すべて

物理的現実世界も仮想世界も内部表現である

プラシーボ効果

 

ホメオスタシス
恒常性維持機能…安定状態を保つ

情報空間の支配者になると相手は思い通りに動く

 

リラックス
あなたが作る世界で説得したい相手に臨場感を感じてもらう必要がある
相手が緊張しているということは物理世界に臨場感を感じている…あなたが作る仮想世界に臨場感を感じることが難しい

 

リラックスする方法

逆腹式呼吸・・・息を吐き出しながら体を緩める
目と目の間を見る

 

R揺らぎ
情報空間はRを揺らがせた者のものになる
あの絵素敵ですね
コーヒーを飲んだらコーヒーを飲む
ミラーリング

 

五感で感じていた無意識を言葉で認識・・・モーダルチャンネルが変わった
体で感じている臨場感から、言葉の世界に臨場感が移動
しかもこちらが発した言語の世界に臨場感を感じということはこちらの支配している情報空間に相手の臨場感が移動

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ