ビジネスをする理由、起業をする理由

目安時間:約 9分

時代を創造する技術(セミナーメモ)

 

あなたが商品を売ったのか
彼が買いに来たのか

 

売るのではなく
売れる、求められる存在にならなくてはいけない

 

求められるものとは何か

彼らは何を求め、何を必要とし、何を望んでいるのか。彼らの欲求をしらなくてはいけない

時代を作るとは、彼らの望む存在となり、彼らの要求を満たさなくてはいけない

ビジネスとはそもそも僕らの要求を押し付けるものではなく、彼らの要求を受け入れ、手助けするものである

 

では、彼らが望むものとは何か

ヒントは歴史に

 

時代歴史を作ってきたのは誰か
民衆が歴史を作ってきたのか?
限られた権力者が作ってきたのか?
どちらも違う

 

常に新しい時代、歴史を作ってきたのは、民衆と民衆に愛されたリーダーである

彼らはリーダーなしに生きていけない
ビジネスとは強いリーダーシップをとり、彼らとともにより良いみらいに進むことである

しかし誰もリーダーにはなりたがらない、リーダーは損だと思われている

 

果たして本当にそうなのか、リーダーとは何なのか

もっとも理想的なポジション

小さなコミュニティのリーダー

 

確かに民衆を率いるリーダーになることは難しいし、本気で時代を動かそうとすればメリットではカバーしきれないほどのデメリットがある

小さなコミュニティに属する、1つの目的をもつ人々に望まれて存在するリーダーというのは特なのか損なのか

小さなコミュニティのリーダーになるということは、責任や大変さ以上に大きな恩恵を得られる

 

ビジネスの目的
自分がリーダーとして存在するコミュニティを作り、彼らを守ることである

彼らは迷い悩み苦しみ助けを求めている

だから僕らがリーダーとなり、彼らを導いていくこと

コミュニティとは仲間の集団であり、そこには必ず敵が存在する

敵の存在なしにコミュニティは成立しない
外的がいないということは集団で集まる必要性がないということ

敵は必ずしも人間とは限らない

例えば寂しさとは一種の敵である
敵とは彼らと彼らの望む未来を阻むものすべてのもののことである

 

人間、思想、感情、環境、生活、心理、仕事、お金

 

コミュニティを作るには
まず最初に誰を守るのかを決めること
彼らの望む未来を知ること描くこと
そして現実と未来のあいだに存在する敵、問題、壁を明確にすること
そして彼らにとって最大の敵を言葉にして語ること、同じ意識を共有する共同体になること

 

リーダーになるには
敵を倒す為の具体的な手段と、それで得られる具体的な未来を語り、共に目指すこと

未来と手段は必ず同居していなければならない

同じ敵、同じ未来、同じ仲間、同じ手段を彼らに与えることで小さなコミュニティのリーダーになることができる

 

つまり小さなコミュニティを作りリーダーとなるためには
ターゲッティング守る仲間を決める
リサーチ現実と望む未来を理解する
明確な敵の存在問題、壁
歩むべき場所と未来
向かうべき未来と、その未来を手に入れる為の手段が必要

 

たった1パーセントで良い
僕らの言葉に耳を傾け、仲間になってくれる人だけを相手にすること

ではどうやって仲間を増やしていくのか

 

嘘はきと詐欺師の素養

 

僕らに最も必要なスキル
人を惹きつけるスキル
最も人を惹きつけるスキルが高い人間は誰か

 

嘘はきと詐欺師

全てのリーダーは嘘はきで詐欺師でなければならない

リーダーシップ=嘘
そもそもリーダーシップをとるとは嘘を吐くこと

 

例えば
お前を幸せにする、結婚してくれ
これは嘘か真実か

 

プロポーズした瞬間には嘘でも真実でもない
つまり無限の可能性のある未来を語ることは不可能である

 

語ればそれは半分嘘である

僕らは真実を語れない

僕らに断言できることはない

1➕1は2じゃないかもしれない

つまり真実を語ること自体が無理である

 

でも僕らはそれをわかっていながらも強い言葉で語り断言しリーダーシップをとっていく必要がある
僕らは彼らに未来を見せていかなければならない

 

嘘を現実にすること
リーダーシップとは要するにまだ起こっていない未来を約束し、それを現実にするために最大限の努力をすること
半分嘘で半分本当

3か月以内に10万円稼がせます、などという言葉を現実にしなくてはならない
現実と嘘、未来を結び付けるのが商品であり、商品を売ることがビジネスである

 

断言することを恐れている限り、リーダーにはなり得ない
リーダーとは圧倒的な実力を兼ね備えた嘘はきである

 

10パーセントの人々の人生がその嘘によりより良い方向に導かれたならそれは凄いことである
100パーセントの成功はありえない
特に教育とはそういうものである

どんなに完璧な理論も実行しなければ結果は出ない
結果を、出させるためには行動を起こす、行動させるしかない

 

100パーセント信じさせること
これがどんな時代にも求められる究極のスキル

信じさせるとは自分自身が信じて疑わないことを相手に伝えるということ

僕とあなたの脳をシンクロさせる

 

ではどうすれば思考はか伝わるのか

その言葉に重みはあるのか?
伝わる度合い=重み

 

重みとは何か
重みとは伝えなければならない理由

言葉とは本来伝えなければならないものである
心の底からその言葉をお客さん相手に伝えなければならないと思っているのか

 

売りたいと伝えたいは別のもの

ビジネスは本来伝えたいという気持ちから生まれるもの
自分が売りたい儲けたいという気持ちから生まれたビジネスは驚くほどつまらないものになる

僕ら自身のスタンスが非常に重要である

 

理由=価値

理由のない言葉行動存在に価値はない

聞かなければならない理由
参加しなければならない理由
伝えなければならない理由

理由がないとはそれ自体が無価値である証拠である

 

本当に理由はあるのか

あなたの商品に本当に売らなければならない理由はあるのか
あなたの言葉に本当に伝えなければならない理由はあるのか
お客さんがあなたの言葉を聞かなければならない理由はあるのか
お客さんが今すぐに行動しなければならない理由はあるのか

 

「それ」は理由によって生かされる
ビジネスも理由がなければ生かされない、そしてその理由は彼らと共有しなければならない
理由を作るのは、僕ら自身、しかしその価値を計るのは彼らである
つまり彼らにとって価値のない理由で存在するものは彼らに永遠に伝わらない

 

重要な視点
彼らにとってということ
彼らは常にこの視点で考え、自分が伝えたいことと、彼らの聞きたいこと僕らの嘘を徐々にシンクロさせていかなければならない
彼らが聞きたいこと=嘘約束された未来、結果

理由は最初から存在するのか
どこにも存在しない

 

理由とは僕らが勝手に作り上げるもの

理由を作るということ=ストーリーを作るということ

あなたが成功できない理由

目安時間:約 4分

あなたが成功できない理由

・商品が売れない
・ブログやメールが読まれない
・友達や仲間ができない
・昇給昇進ができない

 

理由は一つ

・あなたに価値が足りないから

・価値が提供できていないから売れない
・価値が提供できていないから読まれない
・価値が提供できれば仲間もできる
・価値化提供できれば会社に必要とされる

 

人それぞれ求める価値は違う

・お金
・体重
・恋人

 

しかし、全ての人に共通するものがある
これを理解できると急激に成長できる

 

「共感」がすべて

・人は共感したくて生きている
・共感したくて映画を見る、本を読む、人と話す
・共感できないから買いたくない、話したくない、離れていく

・共感できればホームレスの話でも聞く

 

孤独な現代人

・親友の人数・・・平均0.79人
・親も気持ちをわかってくれない
・兄弟も、恋人も、友人も、同僚も誰も気持ちをわかってくれない
・共感してもらえることは奇跡

 

共感の方程式

・相手に共感する=パワーゼロ
・共感していることが相手に伝わる=パワー100%

 

さらに
・相手が自分でも気づいていなかったことに気づかされると、奇跡が起こる

 

相手の悩みやビジョンを引き出す方法
・相手がどのような状態になりたくて、どのような望みを持っているかを引き出す
・先ず、今の人生・現状に点数をつけてもらう
・70点だとしたら、あと何が叶えば100点になるか聞き出す、考えさせる
・相手は具体的に考えていない、理解していない
・本当にしたいことは違うのでは?と何度もしつこく聞く
・一度頭考えを整理させる。整理させてあげる
・さらに、「あなたの人生を150点にするには何が叶えば良いか聞く」
・相手は具体的に考えたことがない、混乱する、でも一つ一つ丁寧に聞いていく
・相手は今まで考えたことがない理想が見えてくる
・あなたはそれを叶えるための行動を行う
・全力で相手の夢をかなえる行動をとる
・そんな存在はいない
・100%あなたを信頼する

 

成功のポイント
・度を過ぎた提供をする
・多くの人は提供が足りない
・相手が叶えたいことを全力で叶えると自分の叶えたいことが叶う
・相手の理想を叶える=自分の理想が叶う
・仕事とは相手の理想を叶えること

 

相手を行動させる
・あなたが相手の理想を叶えようと行動する
・同時に相手にも必ず行動させる必要がある
・良い話を聞いただけで終わらせない
・ステップバイステップ 具体的にやることを提示する必要がある
・具体的に行動して見せてあげる

 

行動して体感したとき、信頼が生まれる
奇跡が起こる
あなたから離れられなくなる

 

 

 

ブレイクスルーの起こし方

目安時間:約 3分

ブレイクスルーとは何か?
①行き詰まりの状態を打開すること。
②飛躍的に進歩すること。
③難関や障害を突破すること。

 

収入を増やすためにはどうしたらいいのか?
この問いに関する自分の結論は
「自分には特別な資格もないし、優れた能力もない」
「年収が人並以下なのは当然の結果」
「少し努力して、人並より少し上の能力をつけよう」
そう考えました。

 

「努力すれば人は報われる」
これは小さい時から、親や学校から、教わってきたことだったと思います。

そう思いながら、何年も自分なりに努力していました。

努力・根性が成功への道だと信じていました。

 

でも結果はほとんど変わりませんでした。
年に1度のわずかな昇給のみでした。

 

そんなある時、一人の成功者の言葉に衝撃を受けました。

 

成功する為にあなたがしなければいけない一番重要な事は
ビジネスの勉強・実践を繰り返すことではない。

 

ビジネスで成功している人達の輪に入ることだ。

成功している人達と出会う事、仲間になる事の努力に時間を費やすべきだと。

 

「正しい情報が入ってくる状態」
「努力が評価される状態」
「やらざるをえない状態」

 

上の3つの状態を作ることに努力をするべきだと。

 

何も高額塾に入りなさいというわけではなく、
無料のSNSでも良い、とにかく成功者たちの輪に自分を置くことが重要だと。

 

普通の人は、自分一人で努力してもわずかな結果しか得られない。
想像以上の結果を得たければ、成功者の輪に入り、自然と他人からモチベーションをあげられるような環境に身を置く事が必要。

 

朱に交われば赤くなる

自分の理想を実現している人を探し、付き合いを持つ。

これが、ブレイクスルーを起こす方法である。

 

 

準備しとけよ!

目安時間:約 2分

「チャンスの神様は前髪しかない」ってどういう事?

 

ウィキペディアに因ると
チャンスという名前のギリシャ神の特徴が
前髪はあるけど、後頭部が剥げていたので・・・

 

チャンス君は、後頭部ハゲ・・・

全く意味わからない・・・

 

ですが、意味としては
「好機はすぐに捉えなければ後から捉えることは出来ない」
とだけ、記述がありました。

チャンス君は、後頭部ハゲなので、過ぎ去ってから、掴もうとしても無理だと・・・
髪の毛掴む気なんですね、、恐ろしい。

 

チャンスを掴むには、待ち構えてないといけない。
「準備しとけよ」という事ですね。

 

準備って・・・何?

 

野球選手になりたければ・・・素振りとか、走り込みとか、コーチをつけるとか・・
東大に入りたければ・・・一流の家庭教師をつけるとか・・
億万長者になりたければ・・・億万長者専門学校入校ですね

 

 

 

 

 

自信をつける手軽な方法

目安時間:約 3分

自信がつくとどうなるか?

 

今まで前に踏みだせなかったこと、踏み出せる

笑顔、発言が変わる

 

人は自己重要感(セルフイメージ)をあげたい、その為に生きている

 

あなたが成功するかしないかは、あなたのセルフイメージが決めている

 

「成功するぞ」が98%、「もしかしたら・・・」2%

これでは成功できない

「もしかしたら・・・」が、足を引っ張っている

 

セルフイメージが低い人は「絶対に成功できない」

自己催眠、根拠のない自信

 

セルフイメージを上げる方法

 

紙に書く

テープレコーダーに録音して、毎朝聞く

 

これらは、成功する要素が整っている人の方法

 

恵まれていない人、普通の人はうまくいかない

 

成功する鍵は「ミラーニューロン」

 

目のまえで起こったことは、自分のやったことだと思ってしまう細胞

私達は、絶対に周りの影響をうけてしまう

 

だから、ネガティブな話が始まったら、どこかに逃げた方が良い

ミラーニューロンに記憶されてしまうから。

 

逆に結果を出している人のミラーを受ける必要がある

 

ヒュージョン

全てはヒュージョン

あなたのセルイメージは周りの人間の集合体、「合体したもの」

 

あなたの年収は?

あなたがもっとも会う時間の多い人5人

親、上司、友達

5人の年収を5で割る

それがあなたの年収となる

 

結局、人は自分と同じような

人の中で生きる、居心地が良いから選ぶ

 

朱に交われば赤くなる

類は友を呼ぶ

 

結論:成功者の集まる環境に飛び込むしかない

普通の人は、一人でどんなに努力しても絶対に成功できない

周りが成功者なら自然とあなたも成功者になる

 

あなたのセルフイメージが、あなたの成功を決めている

1 2 3 10

ページの先頭へ